アーユルヴェーダ的視点を加えた精力UP法

実録!アーユルヴェーダ的精力アップ経験談1

 

精力UPヴィトックス

 

ペニス増大に必須な要素の一つに、体調が万全であることがあります。
普段若いと見落としがちになりますが、例えば、「睡眠不足」などは、最もペニス増大には悪い影響を与えると思っていいと思います。

 

「あそこが小さい!」という衝撃的な言葉を言われてから、僕は、「アーユルヴェーダ」というインドの古くから伝わる伝統的な医療を少しずつ学び始めました。

 

何か、サプリという外的要因だけでなく、知識によって精力にいいものを学ぶことも大切だと思ったからです。

 

ここでは、今まで学んだ古く伝わるアーユルヴェーダ的な精力UP法をご紹介しますね。

 

なんといっても、昔は、もっと精力を高めたい、あそこを大きくしたいというニーズが多かったんですよね。
だから、情報も超豊富なんです。

 

 

情報はたくさんありますが、基本は、身体をいい状態で維持させることですので、そこの部分をご紹介していきます。


 

老化が原因!?

 

まずは、現代の人は、老化が早いと言われています。
30歳代でEDだなんてことも言われてますし、そもそも20代でもセックスに興味がない草食系なんて言葉も聞きますよね。

 

精力UPヴィトックス
これって、そもそも若くして身体が老化を始めているということもあると思っています。

 

精力って、何でつくと思いますか?
もちろん、食べ物でしか取ることができないのですが、食べ物からくるエネルギーで、7つの組織が作られます。

 

この組織にエネルギーが届くのにも順番があって、
大雑把に書くと、1、血 2、筋肉、3、脂肪 4、骨 5、神経 6、精液
という感じです。

 

つまり、エネルギーが精液までたどり着かないこともあるのです。なぜなら、最後に到着するのが精液だから。
でも、だからと言ってたくさん食べればいいというわけでもありません。

 

難しいですよね!

 

人間の体は、やっぱりうまくできていて、生きていくために必要な血だったり、筋肉だったり骨だったりを最初に作るんです。
最初に精力UPなんてさせないのです!!!

 

うまく健康を維持できた人がご褒美として精力UPまでたどり着けるし、歳をとってもセックスができるようになっているんですよね。

 

最終段階で作られる精液ですから、ここまでたどり着かなければ、精力は衰える一方です。

 

もちろん、女性といれば、精力は一時的にはUPしますが、ペニス増大ということには決してなりません。

 

ですから、若い方も40代、50代の方も、基本的に、精液までたどり着けるようにすることが大事なんだと理解してください。

 

もっともやってはいけない精力が減退する3つの要因

 

老けやすい=精力減退なので、もちろんペニスなんて大きくならないのです。
ですから、老けないようにする、つまり老化を抑えることが大事なんです。

 

そして、忘れてはならない要素が、「睡眠不足」と「過食」と「飲酒」です。

 

これらは、精力UPという観点ではなく、健康という観点でも非常に有意義な情報だと思いますので、覚えてくださいね。
次の項目で詳しく解説していきます。

 

精力減退3要素の詳細へ続く

 

 

 

 

ヴィトックスαリアル体験談